fc2ブログ

N響の現代音楽「尾高賞受賞作品4」で武満徹のカトレーン、他を聴いてみましょう

久しぶりにこれを聴きました。NHK交響楽団の前身である日本交響楽団(その前身は新交響楽団)の指揮者であった尾高尚忠さんを記念して設定された尾高賞。現代音楽に与えられる賞で、これはその受賞曲のアルバムになります。
N響の発足と尾高の死に関連があったのかは定かではありませんが…


NHKsoCD.jpg


武満徹さんのカトレーンは日本の現代音楽を代表する作品の一つだと思います。初演マニアw岩城宏之指揮になりますね。この曲で代表的なのは、以前ちょっと書いたドイツ グラモフォンから出ている小沢征爾BostonSO盤がメジャーですが、これも悪くありませんね。それだけ曲がいいと言う事になるのかもしれません。
三曲目の、遠い呼び声の彼方へ! も武満さんの同系統の楽曲で、若干の調性を残されていて、二曲とも流れが美しいですよね。

野田暉行さんのピアノ協奏曲も曲風から言うとカトレーンの方向性に近い感じがあります。無調ではあるのですが、調性を完全に無視している訳ではありませんから、その分聴きやすいですね。弱音強打の組合せです。
一柳慧さんの、空間の記憶。これもピアノ協奏曲で不確定性後の作品ですが、個人的には前三曲の方が好みかもしれません。一柳さんがオノ・ヨーコさんと結婚していた事は以外と知られていないでしょうか。

最後の尾高惇忠さんは尾高尚忠さんの長男。オーケストラワークになるイマージュも完全調性無視ではありません。少々半端な感じもなくあらずで、現代音楽家の映画音楽的気配がします。ちなみに本年の尾高賞も尾高惇忠さんで交響曲 "時の彼方へ" でしたね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます