進化と真実

考える。常に考える。考えには限界はない。限界を作るのは物質に依存しているから。人間が炭素水素系有機体だからにすぎない。あえて言うなら、それに閉じ込められているからにすぎない。「形あるものは壊れる」からだ。
もしそれが仮にフッ素系有機体であろうが、硅素系有機体であろうが、無機であろうが。

物体と言う限界をもった器に依存しているから"果て"が気になる。宇宙の果てなども考える。物質は滅びるからこそ限りないもの”限り”を知りたがる。意味はない。知れば知るほどその先が見えるだけだろう、きっと。人間の考えは有機物の中の電子の移動の微弱電波。それが意識と呼ばれるものになった。有機生命体が進んだ一つの形。ならば意識が持つ実体とは何か。目的とは何か。

2億年も生きた恐竜にはそれは発生しなかったのかもしれない。だから存在する理由がなかったのかもしれない。進化が必要なのだ。生き残る為、種の維持の為に。自分と同じ物を脈々とコピーし続ける、それだけが形ある物が長らえる方法だから。
原始の世界では形をつなぎ続けて絶えない事から始まった。それが増える事で相手が生まれる。進化の競争には先んじたものだけが進化のスピードを加速させられる。次に必要になったのは負けない進化。でも進化は結果を求めている。

大きな絶対値が地球生命には待ち受けている事は明白。太陽の終焉だ。その時には有機体の存在はあり得ない。勝者となった生命は考える事が出来る権利を受ける。それは身近な終焉を読み取れる。そして、それを回避する事を考える能力が与えられる。そこにはいろいろなアプローチがあるだろう。現在は技術。哲学や精神世界を通り過ぎて、より物質の本質に目を向けた。これが正解の進化かは不明だ。実体とは何か。目的とは何か

恐竜が滅びた理由が、考える事への進化の過程へ踏み込めなかったとするならば、あらゆるパターンを造ったにも関わらず恐竜目が滅びたのは必然。ネメシスの偶然などは引き金にすぎない。考える事がそのハードルだったら、その先の進化が技術かどうかはわからない。技術は必要な経過なのかもしれない。

種の継承、そのものが目的であるはずはない。それならば生物の進化の過程のお遊びなど必要ない。可能性のないものは出現する必要はないし、早々淘汰されてしかるべき。物体を持つが故の食物連鎖でしかない。それさえもこれほどの種の氾濫は不要だ。
有機体が生き延びるには他の有機体を殺してエネルギー源にするしか道はない。ならば地球は全宇宙の地獄か。今この時でも世界のどこかで確実に戦争はあり、人間が人間を殺し合っている。進化か。

進化の次の過程は何か。完全二足歩行体はホモサピエンスのたどり着いた明確な進化。脳の巨大化への対応は、考える事に対応する為だ。進化した身体は手段。ならば物理的な進化の目標は何か。機械の身体を求めて銀河鉄道に乗るのは進化への階段か。
近い将来、コンピューターと呼ばれる無機物質は人間の脳の使われている部分を凌駕するだろう。そうすれば現在進んでいる脳インターフェイスを通じて自分の思考は有機体の中から無機の中へと移植されるだろう。有機体からの呪縛からは逃れられる。もしくは無機コンピューターではハード的な制約から自己増殖は難しいので、近い将来 有機コンピューターがスパコンと協調もしくは取って代わるかもしれない。
もしくは滅びない有機体。常に細胞を再生し続ける技術が生まれるかもしれない。個体の死を回避できるだろうか。そうなれば個体の再生を子孫に頼らなくてよくなる。それは進化か。

いずれにしろ太陽の寿命に左右される事には違いはない。ならば地球外に居を求めて飛び立つのか。技術的には飛び立つのは可能になるだろう。現状の科学では光を超えられない。その中で地球環境に近い惑星を探し出して移住するのは現状では難しい。生命維持環境を作り出して生命体を維持し続けるのは、技術的には可能になるかもしれないが、全宇宙空間相手での探索は困難だ。仮に全てが無機になったとしても。そしてそこにも、恒星の終焉という同じ結末が待っている。
進化は終わりか。地球生命として生まれしものに未来は、進化は尽きるのか。それは本当の進化のスタートかもしれない。今の進化はその為の助走でしかないのかもしれない。

有機生命体には考える事に限界が近い。徐々にしかそれは広がらない。それは体という枠に考えが閉じ込められているから。その世界から脱却できない。人間は考えた事は実現化できる、と言われる・・・・かもしれない。しかし、考えられない事は実現化のしようもない。この世界、物体基準、技術の中では。

考えが独り立ちした時に全てがわかるだろう。この宇宙が何なのか。生命はなぜ発生したのか。物体に依存時ない実体。それこそが真実を見る事が出来る。





テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access