カティア・ブニアティシヴィリ の 新譜「ショパン作品集」 が届きました

Khatia Buniatishvili のニューアルバムが先ほど届いたので聴いてみました。
KhatiaBuniatishvili-Chopin.jpg

今回の作品はショパン。
ショパンはエチュードくらいしか今は殆ど聴きませんね。ルービンシュタインのポロネーズもたまに聴きたくなります。エチュードは何枚かあって、ピアニストの個性が楽しめますからね。でも今回は入っていません。

まずは、ピアノソナタNo.2「葬送」を持ってくる事がすごいですね。そして、その迫力は素晴らしいです。有名な第三楽章 葬送行進曲も暗さにつぶれない彼女らしい解釈を見せせてくれます。この優しさは少々感激的。清と剛。強さと優しさが絡み合う好演だと思います。

ピアノ協奏曲第2番はP.ヤルヴィ/パリ管とのコンチェルト。マッチングが良い感じです。控え目ながら奥行きあるオケに対して流れの良いピアノを聴かせ、ここでは強さのあるタッチがみられます。微妙な指先のタッチよりも、強打のタッチが感じられますね。
ラストの小曲、マズルカ第13番 がなかなか良いです。

この秋、クレーメルとの競演を生で見る機会があるのでますます楽しみですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう