ポール・ギャリコの「猫語の教科書」

タイプライターで打たれた猫の為の猫の本。と言う設定だ。まるで暗号の様だが、猫の手がミスタッチするから その癖を見ればすぐわかると言うのも面白い。
我が家では娘、kokotonMAMA、と続いて廻って来た。そう、女性用の読み物だね。
猫が人間の家を乗っ取るにはどうしたらいいか、を猫に伝えるのだ。要は人間は愚かだから、猫に支配される事で幸せを感じる。感じさせてやれば良いのだ。って書いてある。確かに、当たらずとは言え遠からず。
優雅で可愛いのが猫の本性で、それをフルに発揮すればよい。そしてターゲットはバカな男。(笑)
読むとなるほど、なんて思ったりもするポイントがいいね。もしかしたら、この素振りは作戦か?なんて。

でも内容的には人間観察記。でもそう読んだら面白くも、身も蓋もない。心温まる本に読もう。一日二日で読めるから、それも楽しい。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access