2012年 ルツェルン音楽祭:クラウディオ・アバドのレクイエム

モーツァルトのレクイエムをアバドとルツェルン音楽祭管弦楽団で観られるとあって楽しみにしていたNHK BSプレミアムシアター。
今年の8月10日のスイス・ルツェルン音楽祭での演奏が放送された。
2012年ルツェルン音楽祭NHK

Lucerne Festival Orchestra と言えば癌を克服したアバドが2003年に就任し、手兵として活躍しているのでこれは楽しみに決まっている。

放送はベートーベンも有ったが興味が無い。演目はモーツァルト "レクイエム"。全体としてはやっぱりアバド。興奮や極解のないクールな演奏にオケと合唱団が応えた。ソロでは女性陣、アンナ・プロハスカ(ソプラノ)、サラ・ミンガルド(アルト)が良かった。
構成としては、サンクトゥス(聖なるかな)のフーガは素晴らしく、この曲の持つ神聖にして荘厳な演奏だ。逆に有名なディエス・イレー(怒りの日)は、オケも合唱ももっとメリハリが欲しかった気がする。全体としては端整なモーレクだった。

手を口に持って行く独特の指揮ポーズや、この曲らしく演奏後は神に祈るかの様にしばらく静かに立ち尽くすアバドの姿が見られたのは嬉しかった。

追記:フルトベングラーに似たコントラバス奏者がいて、良く写っていた。(笑)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access