ジョルジェ・エネスコの交響曲1・2番を聴く

George Enescu (1881/8/19 - 1955/5/4) のThree Symphonies, Violin Sonata No.3 から。
エネスクは、ルーマニアの作曲家で年代的にはシェーンベルクとほぼ同年代。三つの交響曲を作っている。
交響曲の第一番はロマン派の流れを汲む美しい曲だ。
kokotonPAPAもこの展開は大好き。叙情的な構成は聴くものを落ち着かせてくれる。この頃の作品は後期の作品の様に民族性を強めた調性の脱却には繋がっていない。三楽章からなるが、各楽章ともに良い流れだ。特に第三楽章はバランスが良い。

交響曲第2番は四楽章構成。激情的要素を深めて行き、一番とはかなり違うアプローチを見せる。印象派的な作品で、民族性の高い方向を見せ始めている。曲調してはこの二番の方がはるかに面白い。聴き応えが違う。

Lawrence Foster 指揮、Monte-Carlo PO による演奏になる。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
kokotonPAPAカウンター
unique-access