ギドン・クレーメル、クレメラータバルティカの「クレーメルランド, Kremerland」を聴く

手放して再購入、ヨーロッパで再発になったクレーメルランドです。
入手当初はGidon Kremerのもっとストイックな演奏を集めていたから、このクレメラータバルティカとの演奏は物足りなく感じたんですね。
でも、思えばこの懐の広さこそがクレーメル。聴き直して、本当に楽しいアルバムになっているのがわかります。Leonid Chizhikの作品なんかはピアノの楽しさを満喫出来きますね。

このジャケットと裏側の解説にその楽しさが説明されています。地図にはアマデウスの海、カンチェリの谷、等の地名とクレーメルランドとクレメラータバルティカの海。
裏面にはInvitationという招待状が載っています。その文頭には「クレーメルランドと呼ばれる場所では、リストが真っ白な雪の様な砂地でバイオリンを弾き、いたずらっ子のモーツァルトは軽快な歌を唄い......、物事は決して見えた様な事とは違うのです」とあります。

そんな気分で聴くとこのCDがなんとも楽しい事に気が付くわけです。良かったですよ、また入手出来て。この秋のクレーメル&クレメラータバルティカのコンサートが楽しみです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう