ルチアーノ・ベリオ の CORO を聴く

Luciano Berio (1925/10/24 - 2003/5/27)、名前の通りイタリアの現代音楽作曲家。そしてCOROは代表作だ。
強烈なピアノをベースとして、重唱の声楽が彩る。管楽器が加わり音の洪水となる。声楽が中心になる展開は、まさに好きな現代音楽。当然ながら調性はない。そう言った場合には声楽が実に合う。
強烈な音の洪水を楽しんでもらいたい。kokotonPAPAお薦めの一つです。

演奏は、Cologne Radio Chorus & Symphony Orchestra。指揮は本人、Luciano Berio。
ちなみにジャケットは新しくなったようだ。kokotonPAPAの持っている以前のDGの20th CENTURY CLASSICS のシリーズ ジャケットの方が好きだなぁ。あのシリーズのジャケットは今でも好きだ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access