ジョン・コリリアーノのディラン・トーマスの三部作(Trilogy) を聴く

アメリカの現代音楽作曲家、コリリアーノ(John Corgliano, 1938/2/16 - )が詩人Dylan Thomasの作品をモチーフに作り上げた楽曲になります。ニューヨーク出身ですが、所謂 東海岸アカデミズム派とは異なりますね。
それほどの調性からの逸脱もないですし、声楽にも唐突さは感じられません。例えば同じ様に詩を元にしているシェーンベルクの"月に憑かれたピエロ"の様な無調、もしくはセリエル系の刺激は感じられませんね。
個人的には、年代から行けばもう少し狂気を感じられる様な調性感や和声で構成されると、その詩の内容も引き立つ気がします。途中でトーキング風になったり、おもしろ部分はあるのですけどね。
詩はググれば出て来ますので、ストーリー展開くらいは知っておく方が楽しめます。いつもの事ですが、詩をベースにしている限りその内容を知る事は必要ですよね。

john corgliano

もちろんNaxonで聴けます。そう、現代音楽を聴くなら実はNaxonはとても良いんですよね。^^;

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access