チン・ウンスクの Rocana / Violin Concerto を聴く

韓国を代表する現代音楽家、陳銀淑(Unsuk Chin、チン・ウンスク)の曲をKent NaganoとSwedish Radio SOの演奏で楽しめる。
チン・ウンスクはkokotonPAPAの大好きなリゲティの弟子になる。

Rocanaは衝撃音的なリズム主体の管弦楽。聴き応えのある素晴らしい現代音楽だ。ケント・ナガノとのコラボは度々行われているので安心感もある。
バイオリン協奏曲はViviane Hangner(vn)が加わる。かなり神経質なバイオリンになる。細かい音を詰め合わせた様なバイオリンに、緩いオケ。細く神経質で超絶的なバイオリンはとても好みだ。この曲でウンスクはグロマイヤー賞を受賞している。
今やウンスクの曲はドゥダメルの様な注目の指揮者からも取り上げられる人気現代音楽の一つになるのかもしれない。

当然無調であり、現代音楽のお気に入りの一つ。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access