FC2ブログ

ルドルフ・エッシャーのTombeau De Ravel / 6 Epigraphes を聴く

ラベルの墓は、フルート・オーボエ・弦楽三重奏・チェンバロによる曲で調性はありません。音の明確さをポイントに、流れよりも粒立ちを繊細に表しますね。演奏は Ensemble Alma Musica になります。

6つの碑文はドビュッシーの同曲のエッシャー版で、小編成管弦楽曲ですね。演奏はRotterdam POで、調性はかなり微妙な対応を残しつつ不協和音を入れています。曲調は流麗。それがTombeau De Ravel とは異なるところですね。

他2曲含め、いずれも深淵で感性の研ぎすまされた音楽で、聴く側もそれを感じる余裕が欲しい感じです。いずれ、小ホールで生で聴いたら絶対楽しいでしょうねぇ。

Rudolf Escherの曲は最近見かける様になって来ました。例えば kokotonPAPAの好きな処では、ピーターウィスペルウェイがチェロ曲を採用してレコーディングもしています。ちなみに画家のエッシャーは叔父になりますね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう