PC用のスピーカーをJBLに換えてみた。 ★★☆

アンプも入っていないスピーカーを、PCにはず~っと使ってたんだよね。理由は音楽を聞く訳じゃなくて、自作PCの場合はスピーカーを後付けするしかなかったから。当時はJBL4343と4311AをLaxのアンプで鳴らしてたから不要だった。でも最近Jazzの復活とともに最低限はアウトプット部分を換えないと流石に聞けないな、と思う様になった。で、買ったのはJBL.....とは言ってもPC用のCAS-33。
jbl-CAS-33.jpg

これでもアンプ(22W)が入ってるからね。当然最低限のイコライザが入ってるはずだから、電気ノイズだらけのMacの中から直に出てくるのとは全然違う! デスクトップで鳴らしてみて驚き。たかが知れているだろうなんて思っていたんだけど、腐ってもJBL。低音感、高音の抜け、ともにクリア。今までのモヤモヤは吹っ飛んだ。ますます良いものを聞きたくなるよねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access