バルトークの "管弦楽のための協奏曲" を聴き較べる

6/19(火)の都響のコンサートに先立つ聴き較べ第二弾、Béla Bartók の Concerto for Orchestra。バルトークの代表作、と言っていいよね。この曲にまつわる話はググって下さい。"なるほど?!"です。

第一楽章、全体にはメロディーにバルトーク風な気配があるがコーダはダイナミック。第二楽章は民族音楽風に始まり、スケルツォ(Allegroになっているね)だ。陰鬱なるスタートの第三楽章Elegiaは、激しく揺れる構成。第四楽章は民族音楽風な第一主題には遊び心が感じられる。第五楽章はアップテンポで、弦の上に管が奏でる。いかにもFinaleらしい構成でコーダを迎える。

バルトークは晩年は新古典主義的になり、重厚な音楽作りになってますね。だから現代音楽と構える必要もなく、実にコンサート向きの曲です。オケの各楽器の主席演奏者のソロが協奏曲の主役を務める訳ですから力量は問われますね。

◆ショルティ/シカゴSO [Decca]
 Georg Solti / Chicago SO によるこの演奏を一番良く聴きます。管楽器の美しさが素晴らしく、アゴーギクもディナーミクも良いバランスだと思うよね。上記のこの曲の印象は本演奏によります。




◆セル/クリーブランド O [Sony]
 George Szell / Cleveland O によるこの演奏、やっぱりこの曲は米国オケがいいのかなぁって思わされます。バルトークが米在住時に書いたから? まぁそれはいいとして、ここでは暖かみのある演奏を感じる。ショルティ盤ほどの重厚さは避けている様な感じ。




◆ライナー/シカゴSO [RCA]
 クールな演奏です。ややゆっくりめのテンポ展開のFritz Reiner / Chicago SOの演奏。それにしてもシカゴSOはショルティといいこのライナーといい、実に素晴らしい演奏をします。指揮者の解釈もこの曲に関しては特別大きな隔たりを感じない。するとオケの実力が丸見えと言う事かな。第二楽章のスケルツォっぽさが際立つ演奏です。




◆ブーレーズ/シカゴSO [DG]
 Chicago SO を Pierre Boulez が指揮した演奏。ここでもシカゴ響は素晴らしい演奏をみせます。ライナーよりもいっそう醒めた演奏です。
そこがブーレーズらしい。興奮しない高揚感。しかし、第五楽章に強いアゴーギクを仕込む。素晴らしいスピード感と引き。そこへ集約する様な解釈ですね。この第五楽章は素晴らしいです。
ちなみに8枚組でブーレーズのバルトークを集めた盤です。




◆フィッシャー/ハンガリー国立 SO [Nimbus]
 Adam Fischer 指揮、Hungarian State SO。アゴーギクの強い演奏。でもディナーミクはさほど振ってこない。少々平板に聞こえてしまうかもしれない。特に第二楽章は寂しい。

adam_fischer.gif


◆カラヤン/ベルリン PO [DG]
 Karajan BPO のコンオケ。重厚なる弦楽の世界はこのセットならでは?! 第一楽章から完璧な演奏もこのセットならでは?! 重厚さもこのセットならでは?! ついついKarajan BPOというフィルターが入ってしまう自分がいる。無論悪い訳は無く、第三楽章など白眉に違いないだろうが。
1965年録音。




◆バーンスタイン/ニューヨーク PO [Sony]
 冷静なるBernstein N.Y.POの演奏だ。Sony時代のバーンスタインは後年の様な情熱を演奏に持ち込んではいない。1959年と言う若き指揮者時代だからだろうね。ここでの演奏も将にスマート。
残念ながら、その4年前の録音になるライナーを超えられるものは無いかもしれない。




暴れた演奏を所有していない。この曲は多少乱雑でもパワーを前面に押し出した若手指揮者のライブ演奏盤が出るのを期待したいな。
どっかにあるのかな?? Gatti盤があるのは知っているけどね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access