FC2ブログ

フランク・マルタン の「Maria-Triptychon, Der Sturm, Jedermann」を聴く

フランスの現代音楽家、Frank Martin。十二音技法を研ぎすました形をとりますね。本CDは得意の声楽が入る三曲が集められた一枚になります。



歌劇「」Ste from Der Sturmはアンバランスな中に美しさを描き出します。スケール感も感じられる現代音楽歌劇ですね。
マリア三部作 Maria-Triptychon は、細いソプラノから入るちょっと”それっぽい”、いわゆる近現代音楽的な気配が伝わる作品です。(笑) 三章からなる作品はヴォイスと弦のからみも良く、展開も明確で好きな曲調ですね。
ホーフマンスタール(Hugo von Hofmannsthal)のイェーダーマンから6つのモノローグ Sechs Monologe aus Jedermannは六章からなる戯曲です。ちなみに原作"エヴィリマン"をホーフマンスタールが独語化した"イェーダーマン"はザルツブルグ音楽祭で毎年定例上演されている事で有名ですね。「死神にとりつかれた大金持ちの男の劇」というサブタイトルになっている通り、そんな独白歌曲です。ここでのマルタンの作風は「嵐」に近いですね。
Matthias Bamert 指揮、London PO による、こころ落ち着く作品ですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう