アルゲリッチの「ルガーノ2011」が出ましたね

入荷遅れとか言いながら先日届きました。Martha Argerich and friends live from LUGANO 2011。2010年盤からジャケットがアルゲリッチのアップになり、それまでの重厚なイメージと変わりましたね。今年の写真はどうかねぇ。そう言えば同じ年の別府音楽祭のジャケットも似ていました。解説書の開いた1ページ目の写真の方がかっこいいかも。

一枚目の若手とのコラボは例によっていかにもアルゲリッチのルガーノ祭。一曲目のベートーベンのバイオリンソナタもアルゲリッチのサポートにRenaud Capucon のバイオリンですが、Capuconの音色はビオラに近い音出しが特徴的て暖色系。第三楽章Allegro vivaceでは強烈なアルゲリッチの追い込みにタジタジ風に感じます。
二曲目のモーツァルトのソナタはCristina Martonとのピアノ連弾、緊迫感が薄く少しだるいかも。例によってエンディングを締めますが、観客は素直で反応が薄いです。(笑)
三曲目のハイドンのピアノ三重奏は素晴らしい。Alissa Margulisのバイオリンは好きですね。冷めた音使いが良く。アルゲリッチの様子が浮かぶ様です。曲自体も、この手の場にふさわしい感じで、三楽章Finale: Prestoは最初から飛ばして仕上げてきます。
四曲目は得意とするシューマンで幻想小曲集。Capucon兄弟のGautierのCelloは透明感のある音色で悪くありませんね。三楽章Rasch und mit Feuerは切れ味鋭く息づかいが入っています。

二枚目は重厚な曲が集まっています。一曲目、リストの悲愴協奏曲ホ短調は個人的にも好きな曲で、Ailbersteinとの迫力ある2ピアノ演奏です。テクニカルな部分と、叙情的な部分がリストらしく、二人の呼吸もピッタリ、素晴らしいですね。
二曲目、ラフマニノフの悲しみの三重奏も良いですね。ちなみにこの曲にはアルゲリッチはいないのですがKozahukhin(p), Capucon(vn) ,Levionnois(vc) のセットはなかなか。
三曲目、ショスタコの"モスクワのチェリョムーシカ"から3-ピアノ連弾。前回も火の鳥(組曲)を3-ピアノでやっていましたが、こういうアプローチはこの音楽祭ならではの楽しさでしょう。アルゲリッチは不在で、Tomassi, Griguoli, Stella。ちなみにこの若手イタリア人ピアニスト3人は火の鳥も同じセットでしたね。編曲も同じGrigouliで楽しいですね。

三枚目はピアノ中心の大きな編成。一曲目はラベルのラ・ヴァルスで、これはTiempoとの2-ピアノ演奏。曲が良いですよねぇ。二曲目、ラヴェルのピアノ協奏曲はコメント割愛です。
三曲目はザレブスキのピアノ五重奏曲。ザレブスキ?恥ずかしながら知りませんでした。アルゲリッチ選抜Piano Quintetはいつもながらの素晴らしさで一楽章Allegroをオケ風にこなし、二楽章Adagioを感性高く。三楽章Scherzo: Prestoは民族音楽風な演奏から、四楽章Finaleへ。アルゲリッチの強烈なピアノのイニチアチブが光る演奏でした。ライブで観たら楽しいだろうね、って感じです。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう