ジョージ・ロックバーグ の Violin Sonata-Caprice Variations を聴く

Peter Sheppard Skaerved (vn)、Aaron Shorr (p)、での演奏。George Rochbergのバイオリンソナタは十二音技法バリバリの現代音楽。ピアノとバイオリンの勝負といった感じで素晴らしいの一言。両楽器の出しどころ、引きどころ、これが現代音楽のデュオだといった処か。好演。
これにカプリース、曲からもわかる通りパガニーニのバイオリンソロ、の組合せはナイスカップリングだろう。バイオリンのピーター・シェパード・スケアヴェズ は、ソナタの繊細な音色にも合うし、カプリースの超絶的演奏にも良い、現代音楽にぴったりだ。もちろんカプリースは超絶曲であり現代音楽ではないが。多分、好むのは同じタイプかと思う。

現代音楽なら、この辺でもスタートにはいいかもね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access