リサ・バティアシュヴィリ の Echoes of Time を聴く

Batiashviliのドイツグラムフォン移籍第一弾「時の谺(こだま)」。こういう邦題を付けるのはいいかげん止めてほしいよね。
バティアシュヴィリはあまり興味なかったけど、曲目とサロネン、そしてグリモーの組み合わせに負けた.....のだが。

一曲目のショスタコーヴィッチのバイオリン協奏曲の一番はスタートの一楽章が良い。神経質なNocturne: Moderatoを良く表している。サロネンの解釈もピッタリとはまって悪くない出来だと思う。欲を言えば、もっと細い繊細で切れそうな音を出してくれたら言う事なし。しかし、次の楽章からはボチボチ。曲調がショスタコーヴィッチ得意(特異?)の民族音楽性の高い部分に個性を際立たせるのが難しいようだ。バティアシュヴィリのvnの音色にももっと切れ上がる様な鋭さが欲しい。そういいながら四楽章では良い演奏を聴かせてくれる。
二曲目のカンチェリのV&V、細い音が欲しいかな。もっとカミソリの様な感じが欲しいんだよなぁ。曲は流石はカンチェリ、最高だ。

三曲目はショスタコのLyric Waltzで、これは良い! 柔らかいフレーズはバティアシュヴィリのvnに良く合っている。こういう曲風の方が合うんじゃないのかな。次のペルトのSpiegel im Spiegelはオルゴールの様なメジャーで、合うのではないかと思うのだがスローの演奏がどっちつかず。グリモーとのデュオなのだが、グリモーの繊細なピアノが目立つ。後半に向けてグリモーに調和するように出来が良くなるのが救い。最後の一曲、ショスタコのVocaliseはメロディアスな曲が彼女のvnと合っている。グリモーのピアノも良い。

kokotonPAPAの好み的に言ってしまうと、前半二曲の選曲が向いていない気がする。この手の曲は神経質な高音が必須。丸みのある暖かい音は向かない。特にショスタコのvnコンチェルトなどはクレーメルの様な音でないと全くシャープさを感じられない。好みのvnは神経質かつ豪快さ、だからこの手の柔らかな暖かみなる演奏は好みでないだけ。後半三曲はきっと良い出来なのだろうと思う。好みが違うから仕方ない。これだとカンチェリとかイザーイの曲は難しいと思う。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access