ペリカンの#400NNとモンブランのno.34、そしてno.344の違い・・・みんな古い(笑)

kokotonPAPAは”物”が好きだからね。モノズキ?!、それも当たってるかもしれないけど。
万年筆はマニアじゃないけど、自分の持ち物だから このくらいは知っている。それぞれの入手のタイミングは前回書いた通り。

Pelikan #400NN は現行のスーベレーンシリーズ M400。まだその名前が付いていない、........はずだよ、多分ね。詳しくないからネットで見ただけ。ペン先も14K(585)でロジウム装飾はない。緑縞はほぼ現行品と同じかな。書き味は固い。常時使用のペン。ガシガシに使う。
pelikan-400-1.jpg pelikan-400-2.jpg pelikan-400-3.jpg


Montblanc no.34 はこの小さなペン先が特徴だね。14Kの金配合率である58.5%を示す585(‰)の刻印がある。こんな事は別に万年筆固有の話じゃないけどね。
書き味は小さなニブなのに柔らかい。でも筆圧が上がると書きづらい。横に流れて書いていくと引っかかるんだよね。でも筆圧をあげなければ、とても滑らか。バリバリ現役。
montblanc-no34-1.jpg montblanc-no34-2.jpg montblanc-no34-3.jpg


Montblanc no.344 は柔らかくて滑りがいい。ニブは14Kでやはり585の刻印がある。無骨さがイイよね。親父からの二代使用品。次は娘が引き取ってくれるだろうから三代になるかな。大切に使っている。
ちなみにバラして掃除してみたら、キャップのクリップ下に小さな空気抜きの穴があった。
montblanc-no344-1.jpg montblanc-no344-2.jpg montblanc-no344-3.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access