fc2ブログ

オペラ:ロッシーニの「オリー伯爵」(at メト)の楽しさをDVDで

連休中のオペラ鑑賞2つめです。
2011年のメト(Metropolitan Opera House)での話題の作品、ジョアキーノ・ロッシーニの『オリー伯爵, Le Comte Ory』ですね。国内でもメト・ライブビューでけっこう話題になっていました。これが観られるとは嬉しい限り。指揮はベニーニ。演出は今やメトの顔?、安定感のあるバートレット・シャーです。




ストーリーは超簡単に言うとフランス片田舎の小城の主たちが十字軍に出陣している合間に、貴族のオリー伯爵がその城のアデル伯爵夫人に言い寄ろうと企むコメディーです。

噂に違わぬ出来でした。配役はイゾリエ(オリー伯爵の小性)のジョイス・ディドネイト(Joyce DiDonato)とアデルのダイアナ・ダムラウ(Diana Damrau)、そしてオリー伯爵のファン・ディエゴ・フローレス(Juan Diego Flórez)、この三人の素晴らしさ。
オリー伯爵のファン・ディエゴ・フローレスが何と言っても楽しい演技で、好みの伸びの良いテノールです。日本で観たいですねぇ。

機転の利いた演出と展開。それに答えられるだけの配役。バッチリ決まった感じですね。日本語字幕がある訳じゃありませんけど、あらすじさえわかっていれば英文で十分楽しめます。さすがにフランス語の方は全然ですがw
個人的好みはイゾリエ(ズボン役)のディドネイトが好きですね。一幕目のフローレスとの重唱は最高。アデルのダムラウもちょっと肉感的すぎるきらいもありますが、二幕でもピンクの衣装はかわいいし、こういうコミカルな作品ではそのアンバランスさが生きていました。
クライマックスシーンは第二幕のベッドのシーン。前出三人の可笑しくもHっぽくて妖しい気配と歌唱力が発揮されました。
今年のメトではフローレスとダムラウで「愛の妙薬」をやるらしいですが、これもコメディなので期待出来そうですね。

DVD1の終わりでのオマケの"メイキング"でフローレスが子供が生まれた事を紹介していました。そんなのも含めてアットホームな感じのメトです。音質・画質共に文句なしです。お薦め!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます