Hans Kox の Four Orchestral Suites を聴く

ハンス・コックスはオランダ生まれで、ドイツの作曲家ですね。作品は多岐に渡り 交響曲からオペラまでフォローし、サックスを使った作品など現代音楽家らしいアプローチを見つけ出せます。
Tasmanian SO、David Porcelijn 指揮によるこの一枚は現代音楽家のコックスの代表作で、それを表現するのに理解者であるDavid Porcelijnがコンダクトしているのは功を奏していると思いますね。
曲調は調性は残しつつ、管楽器による主題やテーマを配して十二音技法を入れこむ形をとる様です。管楽器と打楽器の使い方で強音部を彩る旋律を多用します。弦楽器の奏でるフレーズとの対比をうまく使い、良く聴くと後期ロマン派の香りの欠片を感じられますね。
4つの作品は完成度が高く、コックス色が明確です。特異性は低いですが安心して聞ける現代音楽ですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access