Henryk Mikolaj Gorecki の Lerchenmusik

ポーランドの現代音楽家 ヘンリク・グレツキ。
代表作、交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」は少々違うとして、この曲はただの室内楽と思って聴いたら火傷をするかもしれない。強烈きわまりないピアノ、そして挑戦者の木管楽器の猛り。薄い弦楽器のうねり。
音は渦巻き、荒れ、そして静寂。Part.2では徐々に膨張し引いていく、そして最後は静寂。ピアノは心臓であり、木管は心。テーマを変えながらPart.3へ。全体の構成感はかわらない。
素晴らしい緊張感。まるでこの音楽自体が生き物の鼓動の様だ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access