FC2ブログ

Frank Martin の Ballades- Concerto for 7 Wind Instruments

フランク マルタンの7つの管楽器のための協奏曲/バラード集です。12音技法をとるので基本的には現代音楽の無調なのですが、聴いていて調性を破壊するような音階は現れません。不協和音を挟んだ不安定感でしょうか。



そこがマルタンらしく、これは代表作の一つでしょう。長年にわたる楽器とオケの協奏曲を一つにまとめバラード(Ballades)と名しています。牧歌的展開もあればスリル感溢れる流れも出て来ます。しかし全体としては穏やかさが基本のコンチェルト集ですね。マルタンは完全に調性を排除する事には否定的だったそうですが、そういう意味では今ひとつ物足りなさを感じてしまうかもしれません。マルタンらしい調性の薄さを生かした幽玄さを味うにはちょうど良さそうです。

演奏はリッカルド・シャイー指揮、ロイヤル・コンセルへボウの豪華布陣ですから一聴に値すると思います。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう