ヨセフ マティアス ハウアー Josef Matthias Hauer の 現代音楽、Music with Hölderlin

ヨセフ マティアス ハウアーと言えば十二音技法でシェーンベルクと論争をしたと言う事が有名なんじゃないでしょうか?!
1910年代中盤に考えられた「色聴についての音楽」「五線譜の破棄」と言う概念、図形とか色とかから構築される音楽と言うの音楽が実際には どう聴けるのかは興味深いところです。楽譜以外から構築される現代音楽はこの後の時代にはより多くの展開がある訳ですが、その部分に付いても先駆の光があるのかもしれません。

このヘルダーリン歌曲集(Hölderlin Lieder) は初期の作品で、まだ色と音の音楽が完成する前の作品ですね。
バリトン:ホルガー・ファルク、ピアノ:シュテッフェン・シュライヤーマッハーの二人によるアルバムで、現代音楽を得意とするシュライヤーマッハーのピアノはナチュラルにして美しいです。この時代のハウアーの意図をよく汲んでいるのではないでしょうか。まだ難解さは低いのですが、歌詞の内容がわからないと辛いですね。現在ネット調査中です。

icon
icon

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access