FC2ブログ

菊地成孔DCPRG の Second Report From Iron Moutain USA

今更ですがデートコース菊地成孔(なるよし)新作の ”Second Report From Iron Moutain USA” by Date Course Pentagon Royal Garden。ホントにこんな面白いバンドが日本にあったなんて笑っちゃうくらい楽しめます。全然知らない人になんて説明しましょう? エレクトリックのジャズパンク?? どっかの紹介に現代音楽も含まれる様な事書いてありましたけど、米国例えばBang On A Canとかポップ系のステージは近いかもしれません。

1曲目、ラップですねぇ。でも2曲目以降は面白いですw
2曲目は同じ菊地ですが、菊地雅章(まさぶみ)さんの作品。初めてDCPRGを聴いた時に浮かんだのがマイルスサウンドの菊地雅章さんで、昔からのkokotonPAPAご贔屓。原曲にかなり忠実に演奏していますね。でもこの曲、こっちの方が面白いかもしれません。
3曲目はエレクトリックマイルス風のパンク、これがいけますね。マイルス風オルガンとペットで出ますが、マイルスならあんな風にオルガンは弾かずにガ~ッといくでしょうし、あんな野太いペットは吹きませんね。そう思わなければ良いだけです。いい感じのパンクですよ。
4曲目はまたもやラップ系でパスかな…と思ったらsax系が面白く、リズムセクションもけっこういけるサウンドを刻んでいました。転調しながらバラードになりエレピ/シンセ/ギターの面白いバランス、そのリズムでラップに戻り変なユニゾンコーラスで終える。良いですね。
5曲目はパンク風なフリーの展開で、このバンドのベースがかなりリズム取りが良いと感じました。例によってエレクトリックマイルス系で、曲半ばから出るペットの音作りはそのものの気配です。あの頃のサウンドが好きなら気に入るに違いありません。(実物のマイルスバンドとの比較は無意味でしょう)
6曲目もラップですが、1曲目に近いです。でも良く聴くとバックのサウンドは面白く歌詞の中身はgood! 1曲目も侮れずかも。kokotonPAPA的、ギターをちょっとだけ弾くのですが、にはこのバンドのギターって自分が弾きたい方向に近いかも。
7曲目は「悪魔に違いないぜ!」って英語で叫ぶスタート。曲の方はわりとリズミカルなポップな感じで進みますが、ちょっとイマイチかな。この曲を最後に持ってこなかった方が良い気もしますね。

Alter War In Tokyo の時も書いたと思いますが、これは一聴の価値ありの一枚ですね。4月12日に新木場スタジオコーストで行われたコンサート、行きたかった。^^;






テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう