Jonny Griffin の Return of the Griffin と Live in TOKYO

久しぶりにジャズで、ジョニー・グリフィン。

◆Return of the Griffin
1978年だから、kokotonPAPAが大学時代か就職したかの頃に発売された。覚えている限りでは復帰作でGALAXYレーベルから、当然のレコード発売。ジャケ買いに近い乗りだったような.....
しかし、聴いてびっくりウルトラハードバップ。なんと"枯葉"でブロウしまくる。そしてリズムセクション、ロニー・マシューズ(p)、レイ・ドラモンド(b)、キース・コープランド(ds) がまた素晴らしい演奏を聴かせる。
しばらくはこればかり聴いていた様な。今聴いても楽しい、素晴らしい一枚だ。当時ジョニー・グリフィンはこれ一枚の所有。(笑)




◆Live in TOKYO
Johnny Griffin Quartet - Live In Tokyo は1976年のライブ。購入はCDになってから。だから上記の記憶できっと買ったんだな、あまり記憶に無いから。でも、バンドのメンバーも良いし、聴きに行かなかったのが残念なくらい。肩の力の抜けた素晴らしい演奏だ。ジャズだねぇ。メンバーはホレス・パーラン(P)、アーサー・テイラー(Dr)、マッズ・バインディング(B)のリズムセクションになる。少々、タイコが難だけど。
ヨーロッパに拠点を構えていた頃だね。

icon
icon

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access