Prokofiev の String Quartets Nos. 1 & 2と Sonata For 2 Violins を Emerson String Quartet で

ハードなエマーソン弦楽四重奏団のプロコフィエフの弦楽四重奏曲No.1,2と二つのバイオリンソナタ。
切れ味鋭い演奏はエマーソンQの得意とするところ。そしてプロコフィエフの弦楽曲がまた素晴らしい。こういう はまった曲と演奏を聴くと心が和む。古典から一歩進んだ現代音楽手前的な音楽、そしてその範疇を得意とする演奏となればkokotonPAPAの好みと言う訳です。
まずは弦楽四重奏曲No.1,2をじっくりと聴いていただければ、その良さはわかるはず。そのエッセンスを分ける様に、幽玄なる流れは二つのバイオリンソナタのアンダンテ カンタービレでより明確に。そしてアレグロでスピード感溢れる協奏となる。じつにスリリング。そしてコモドでは古典を思わせるかのしなやかさ。アレグロ・コン・ブリオでは跳躍感と躍動感溢れるバイオリンが奏でられる。
重厚感の弦楽四重奏曲とスリリングな二つのバイオリンソナタ。甲乙付けがたし!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access