Prokofiev の String Quartets Nos. 1 & 2と Sonata For 2 Violins を Emerson String Quartet で

ハードなエマーソン弦楽四重奏団のプロコフィエフの弦楽四重奏曲No.1,2と二つのバイオリンソナタ。
切れ味鋭い演奏はエマーソンQの得意とするところ。そしてプロコフィエフの弦楽曲がまた素晴らしい。こういう はまった曲と演奏を聴くと心が和む。古典から一歩進んだ現代音楽手前的な音楽、そしてその範疇を得意とする演奏となればkokotonPAPAの好みと言う訳です。
まずは弦楽四重奏曲No.1,2をじっくりと聴いていただければ、その良さはわかるはず。そのエッセンスを分ける様に、幽玄なる流れは二つのバイオリンソナタのアンダンテ カンタービレでより明確に。そしてアレグロでスピード感溢れる協奏となる。じつにスリリング。そしてコモドでは古典を思わせるかのしなやかさ。アレグロ・コン・ブリオでは跳躍感と躍動感溢れるバイオリンが奏でられる。
重厚感の弦楽四重奏曲とスリリングな二つのバイオリンソナタ。甲乙付けがたし!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう