Gergiev の 東日本大震災復興支援音楽祭! ★★

今回、今日一回の復興音楽祭の為に来日したゲルギエフ。
当初から練習時間はないだろうと思っていた。それは曲の配列。とにかく短いのだ。「亡き女王のためのアヴァーヌ」「プロコフィエフ:古典交響曲」「シューベルト:未完成」。わかるでしょ。交響曲が2曲入ってはいるが、小曲集の様な古典交響曲と2楽章までしかない未完成。
予想通りの結果。一曲目は端正なる曲調を得意とするゲルギエフ調なので安心して聴けた。しかし、2・3曲目の交響曲は、流れてしまっただけ。ゲルギエフ調への練習時間はとれなかったのではないかな?! これで終わったら、唸るところだった。
しかし、カーテンコールですぐに袖から出てくるので変だなと思ったらアンコールが準備されていた。チャイコの「花のワルツ」。練習もなにも無くてもOKなこの手の曲を準備していたか! 一番ゲルギエフのコンダクトも盛り上がっていた。この曲の振りだけは身体と手のヒラヒラが本来のゲルギエフ。それだけでも、嬉しかった。
ゲルギエフ復興音楽祭

都響の演奏は少々寂しい気もしたが、被災地の子供たちが招待されていたり ゲルギエフがわざわざ来てくれたり。出来は★だが、その嬉しさの方に一つプラスして★★と言う事で。^^v

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう