Tamas Laboratorium / Brain Machine と言う音楽

最近kokotonPAPAが興味を持っているElectrica系の音楽だね。Ambient Musicと言う事になっている。日本語に訳すと環境音楽とかになってイマイチわからなくなる。ブライアン・イーノが提唱したジャンルになるのだが、これは違うと思う。曲調がそんな感じなだけ。イメージは湧くでしょ。

題名のはBMI(Brain Machine Interface)から来ていると思われる。そしてその様な音楽体系だ。脳インターフェイスとは脳の一部組織の信号を機械に繋げる技術の事で、特にアメリカで進んでいると思う。Ambientな曲風はであるが、ミニマルの系統の音楽。全3曲とも同じ構成で、単純な電気音楽の羅列が波の様に進み引いてく。
手法的にも特徴的で、Hemi-Syncと言われるバイノーラルビート音響技術をベースにしている。これは左右の耳でわずかにズレた波長を聴く事で脳を活性化すると言われている。特徴的なのは唸りが聞こえる事だ。これによって超常現象的体験が出来るとも言われている........。
ここに書いた程難解な訳でもなくBGM的に聴く瞑想曲の様な感じだ。一度ヘッドフォンで聴こうと思っている。
これまた入手困難。
(探すポイントはオークションや、専門店の検索。もしくは海外のamazon等です)

Tamas Laboratorium / Brain Machine

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access