Mac mini に Audirvana Plus のみインストした音楽再生専用Macトランスポート

Macmini-AudirvanaPlus
先日Mac Proのバックアップ機として購入したMac mini (MC815J/A) 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5、Mid2011梅モデルです。とは言え、Thunderboltも含めて新機能は全く使わない。
当面はHDDからの音楽データをDDC (hiFace professional)- DAC (Soul Note dc-1) へ アウトプットする為だけに使うオーディオ専用HDD-Macトランスポート。(Soul Note dc-1を使う際の注意点はこちらから)

ソフトはAudirvana Plus 。これ以外のソフトは後からは何も追加していない。デフォルトのソフトを剥がすつもりまではない。
音楽データはMac Proの増設HDDから引き出す。それ以外の目的も無いので2Gのメモリーのまま。(Mac Proのバックアップ時を想定して、8Gに変更するつもり。このメモリー安い!)
音はと言えば、当然ながらジッターが低減、S/N比が上がっている。ヌケの良い音が明確にわかるMac(PC)オーディオが楽しめる。これぞ望む世界。
問題はクロックだよな。DACへ行く前にクロックコントロールしたい。コンピューターのクロックは所詮オシレーター。Macのクロックを変更したい....が、そうは簡単にいく訳は無い。今はDDCにクロックジェネレーターを挟んで周波数を制御するパターンが主流。でもまだまだ途上だな。出来るなら、外付けクロックジェネレーターでDDCもDACも全て統一してコントロールしたい。現状ではストライクゾーンが狭すぎて一般人がオーディオに持ち込むには無理。
と言う事で、いまDDC+クロックジェネレーターに金を掛けても見合わない。それに現状のDAC dc-1は44.1kHzだしな。とりあえずOKなんじゃない?!

それよりなによりMac Proに何か起これば、バックアップ機としてソフトをインストして使用出来るのが一番! HDD-Macトランスポートとして復帰するときにはクリーンインストして使う。(Mac Proも不安いっぱいの稼働中.....でも)

次世代Mac OSX 10.8 Mountain Lion の情報も出てきた。今年夏発売予定で なんとintel CPUでも対応しない機種が出始めた! kokotonPAPAのMac Pro (Early2008)は、ギリギリセーフ。その前のMac Proは5年目にして早や対象外! 全くなぁ!

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access