Alberto Ginastera の バレー曲 Panambi と Estancia

アルゼンチンの作曲家 アルベルト・ヒナステラのバレー曲2曲。バナンビとエスタンシアだ。
まだ無調や十二音技法の現代音楽に至る前の作品ではあるが、すでにその一端を覗かせる作風だ。調性やリズムは躍動するが、その中に溢れるような、納まりきらないような勢いを感じる。華やかさを楽しめるので現代音楽に興味の薄い方にもお薦めなのだ。殊更にバレー曲である事を意識する必要もないが、その静と動の変化に自然とバレーの要素を感じるかもしれない。
静は美しく、そして動は煌びやか。kokotonPAPAの好きな楽曲である。
そしてcomplete Balletsとあるくらいで、抜粋ではなく全曲を楽しめるのも素晴らしい。演奏はLondon SO. 指揮はGisele Ben-Dor になる。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access