The Allman Brothers Band の Seven Turns

自分でギターを復活させなかったら絶対に聞く事も無いアルバムだな。だいたいオールマンブラザーズバンドなんてkokotonPAPAが高校生の時に第一作のアルバム The Allman Brothers Band が出て、シングル盤 ”腹黒い女 (Black Hearted Woman)”、題名が笑える、を購入。ブルースギターがカッコいい。すぐにアルバム購入。そしてデュアンがバイク死亡。それ以降は興味無しだった。
ここへきてウオーレン ヘインズのギターを聞きたかったからね、これSeven Turns。言葉悪いがありきたりで楽しめる。軽い乗りのブルースロックだ。イメージングにとても良い。もうちょい泥臭い方が良いけどね。でも、そのぶんおなじみの基本リフが良く出て来るから聞き易いかな。ロック色が強い後半はつまらない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう