Mauricio Kagel の 1898 & Music for Renaissance Instruments

マウリシオ・カーゲル(Mauricio Kagel、1931/12/24 - 2008/9/18) はドイツで活動したアルゼンチン人の現代音楽家です。作曲は独学と言われていて、パフォーマンス的かつ奇抜な事でしょう。
有名なのは「フィナーレ」で、指揮者が譜面台共々倒れる事でしょう。曲名は知らずとも知られたネタですね。

この曲”1898”でも1st movementの途中から子供達の笑い声が出て来きます。意味不明的… まぁ前衛ですから。曲想はそれほど奇抜でもなく、かえって自由度が低い気もしてしまいます。
ちなみにジャケットにあるラッパの付いたバイオリンはStroh-Violinという本当に考案された楽器で”1898”で使われているそうです。
Music for Renaissance Instruments は、ピリオド楽器を使った現代音楽。いかにも前衛の現代音楽っぽい感じ。だれか遊びに来た時にかけておいたりすると、面白いかもね。
ドイツ グラムフォンの現代音楽"20/21"シリーズ。こういうアヴァンギャルドもリリースしてくれるのが良いですね。

前衛系の現代音楽はその内にちゃんとまとめてから紹介して行く事になると思います。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access