お正月ならではのウィーンフィル「Best of the new year's concert」

仕事が始まった人もいるとは思いますが、kokotonPAPAは今日までお休みですw
正月休みに最適な一枚、ウィーンフィル恒例のニューイヤーコンサートを1958年のクリップスから2002年の小沢征爾まで、カラヤン、マゼール、アバド、ボスコフスキー、ムーティ、クナッパーツブッシュ、クラウス、と言った指揮者達の名演を納めた2CDですから。
当たり前ですがシュトラウス(Johann Strauss ,Strauss2 ,Josef Strauss ,Eduard Strauss)の曲で、ワルツとポルカ。理屈抜きで楽しさいっぱいもいいでしょう、お正月ですから。どの曲もみんな知ってる曲で、一曲一曲考えながら聴く必要なんてどこにもありません。浸って楽しむだけですね。
そしてとどめは当然のラデツキー行進曲。本盤ではリカルド・ムーティ指揮です。お約束の手拍子もこの曲ならではで、楽しさいっぱい。特に好みではないのですが、ニューイヤーコンサートってイイなぁなんて思っちゃいますね。

ちなみに2002年のニューイヤーコンサート小澤征爾指揮のラデツキー行進曲はこちら






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう