fc2ブログ

VOX Valvetronix VT20+, VT20X:自宅練習用エレキギターアンプなら文句なし?!


復活手慣らしで購入した廉価版ギター石橋楽器"Mavis MST-200"は、フレットの問題、音詰まり/弦高、さえクリアー出来れば、入門用で弾くには十分OKとインプレしましたが、アンプがそれなりに鳴らないとやっぱり厳しいですね。エレキギターだったらアンプが大きく左右すする訳で、オマケのアンプは....流石にホントの”おまけ”でした。

購入したアンプは"VOX Valvetronix VT20+"です。他に検討したのはMarshall MG15系とGreco GVA CUSTOMですね。ギターをFujigenにする前にまずはアンプです。


Marshall MG15は今はMG15CFになるのでしょうか。MG15CFは、本来のMarshallのあの音は出ないですね。ソリッドステートの小型ですから。でもそれはそれで全然問題はありません。3トーンコントロールのクリーントーンにオーバードライブが乗っている仕様は悪くないですよね。マーシャルのロゴもカッコいいし。とりあえず多少のオーバードライブが掛けられれば、まずは十分に楽しい音が出せると思います。

Greco GVA CUSTOMも中古で考えました。完全なチューブ(真空管)アンプで、古い人間はやっぱりチューブが良い気がしちゃうんですよね。でも、volume,treble,bass、しかありません。これだとクリーンは良いでしょうが、歪みはボリューム勝負?! そうなると部屋じゃ無理だからエフェクターが必要に。後でエフェクターとの相性やら何やらかなり面倒かもしれません。それを楽しむのもありかもしれませんが、ギターとの相性も選びそうな感じがします。

VOX Valvetronix VT20+は、内蔵でアンシミュとエフェクトが充実しています。何よりマスターだけでなくアンプ出力(W数)を調整出来るPOWER LEVELがある事です。これこそが部屋アンプ選びのポイントかもしれません。プリ部分には一本とは言え真空管も採用されています。


VOX Valvetronix VT20+


いろいろ音が作れますね、エレキギターらしく。音質は充分だと思います、アマチュアが部屋で楽しむ分には。

エレキギターってこんなに面白いんだ!って遊べます。

これならプリセットモードで色々な音がすぐに遊べます。そしてエフェクトも一発でマルチ。オートのワウなんてリバーブとかいっしょに掛けたら、可笑しくて弾きながら笑っちゃうくらいです。無限に組み合わせがあるんじゃないかと言う程にセレクト出来ます。後から専用フットS/Wもセット出来ます。昔はこんなに面白いアンプ無かったですよ。
まずはお家でいろいろやってみるんだったら何より安くてオールインワン的なこのアンプでOKだと思います。
小型のエフェクターを一つ一つ揃えて遊ぶのもありですが、始めは何がなんだか良くわかりませんね。これで欲しいものがわかれば、気に入ったのを集めるのもありですね。


いずれ自分でアンプ持ち込みとなれば、このクラスのアンプでは話にならないのは同じです。


◆アンシュミとエフェクトで遊んだら、やっぱりマニュアル!
それが出来きなきゃ困りますね。(笑)
ギターのボリュームで、クリーンから歪みまで変えながら弾きたいですよね。いつもアンプで歪みの量をかえるのは面倒だし、その度にボリューム調整なんてうまくいかない。ライブでソロの時? 歪系小型ペダルをブースターに使って一発OKですよ。(OD-2なんか使いましょう)
簡単にセットするなら次の要領もあります。エフェクトは全部OFF、アンプはマニュアルで好きなのを選びます。VT20+なら音量が低くてもアンプだけで歪みます。

1)ギターのボリュームをmax10にする
2)MASTER を絞っておく(POWER LEVELは小さい方が安全w)
3)VOLUMEとGAINを最大に上げる
  ・後でこの二つのレベルを調整すれば、歪みも変わります
   (MASTERがあるアンプではボリュームは音量とはちょっと違います)
4)MASTERとPOWER LEVELで部屋で使える音量を決める
  ・本来音量はMASTERです
  ・POWER LEVEL が小さいと、MASTERでの歪みも変化します
  ・この辺を適当に調整します
    (MASTERで上げても歪みが変化しないくらいのPOWER LEVELですね)
5)ギターのボリュームを下げると音量は変わらずにクリーントーンに
  ・ギターのボリュームでクリーンから歪みまで変えられます

後は好きな歪み(VOLUME,GAIN)に調整。トーン(TREBLE,MIDDLE,BASS)も同じ。
最終的には、歪みの好みはエフェクトで調整出来るのがこのアンプの面白さです。クリーントーンを最優先にアンプをセットしてエフェクトで歪ませるとまた違います。
アンプの出力を変えられるから、部屋でセットしておけば学校に持ち込んでPOWER LEVEL上げるだけで、そのまま使えたりもしちゃいますよ。

アンプをVOX AC30に固定して上のセッティング。基本的にエフェクトはoff、これが標準。後は弾きたいイメージによってエフェクトします。



あれこれ考えて脳内スペックオタクになってるのは時間がもったいないです。とにかく買って弾きましょう。巧くなると益々楽しくなりますね。理屈じゃ巧くならないですからねぇ。本読んで一生懸命検討してもスキーは滑れません、滑れなければ良い板の機能だってホントはわからないという事ですね。
ホントに欲しい物は、そこから決断しても遅くありません。

それにしてもアンプ、本当に安くなって嬉しい驚きです。このアンプなら様々なエフェクトを含む音色を変化させてエレキギターの楽しさを手軽に味わえますね。




VT20Xにモデルチェンジしました




PS:流石にギターはfujigenを買いました。それも合わせてのアンプも見直しでした。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます