VOX Valvetronix VT20+ :自宅練習用エレキギターアンプなら文句なし?!

安ギター(Mavis MST-200)はフレットの問題、音詰まり/弦高、さえクリアー出来れば、それなり弾くには十分OKと言ったんだけど、アンプもそれなりに鳴らないとね。音出してなんぼが楽器。エレキギターだったらアンプが左右する。オマケのアンプは...….流石にホントの”おまけ”レベル。
それでもゼロで始める人ならまずは全然OK! 弾いてみなきゃねぇ。 だけど多少成りと経験のあるkokotonPAPAにはキツかった。まぁセット価格が価格なだけに文句言えないけどね。^^;

で、買ったのはVOX Valvetronix VT20+。他に検討したのはMarshall MG15系とGreco GVA CUSTOM。

◆Marshall MG15は今はMG15CFになるのかな。MG15CFは、本来のMarshallのあの音は出ないね。ソリッドステートの小型だから。でもそれはそれで全然問題ないんだけどね。3トーンコントロールのクリーントーンにオーバードライブが乗っている仕様。悪くないよね。マーシャルのロゴもカッコいいし。とりあえず多少のオーバードライブが掛けられれば、まずは十分に楽しい音が出せる。う〜ん….

◆Greco GVA CUSTOMも中古で考えました。完全なチューブ(真空管)アンプ。古い人間はやっぱりチューブが良い気がするよね。でも、volume,treble,bass、しかない。これだとクリーンは多分いいだろうけど、歪みはボリューム勝負? そりゃ、部屋じゃ無理だからエフェクター。後でエフェクターとの相性やら何やらかなり面倒かな。ギターを選ぶなぁ、おもちゃギターだし…..

◆VOX Valvetronix VT20+は、内蔵でアンシミュとエフェクトが充実してる。何よりマスターだけでなくアンプ出力(W数)を調整出来るPOWER LEVELがある事。これこそが部屋アンプのポイントかも。プリ部分には一本とは言え真空管も採用されてる。
VOX Valvetronix VT20+
いろいろ音が作れるよ、エレキギターらしくね。音質は充分でしょ、アマチュアが部屋で楽しむ分には。
要は楽しく遊べるのよ、エレキギターってこんなに面白いんだ!ってね。
これならプリセットモードで色々な音がすぐに遊べる。
そしてエフェクトも一発でマルチ。オートのワウなんてリバーブとかいっしょに掛けたら、可笑しくて弾きながら笑っちゃう。無限に組み合わせがあるんじゃないかと言う程にセレクト出来る。後から専用フットS/Wもセット出来るよ。昔はこんなに面白いアンプ無かったよ。
まずはお家でいろいろやってみるんだったら何より安くてオールインワン的なこのアンプでOKでしょ。
小型のエフェクターを一つ一つ揃えて遊ぶのもありだけど、どうせ始めは何がなんだかわかんない。これで欲しいものがわかれば、気に入ったのを集めるのもありだよね。

◆アンシュミとエフェクトで遊んだら、やっぱりマニュアル!
それが出来きなきゃ困るよね。(笑)
ギターのボリュームで、クリーンから歪みまで変えながら弾きたいでしょ。いつもアンプで歪みの量をかえるのは面倒だし、その度にボリューム調整なんてうまくいかない。ライブでソロの時? 歪系小型ペダルをブースターに使って一発OKでしょ。(OD-2なんか使うね)
簡単にセットするなら次の要領もある。エフェクトは全部OFF、アンプはマニュアルで好きなのを選んでね。VT20+なら音量が低くてもアンプだけで歪むよ。

1)ギターのボリュームを最大10にする
2)MASTER を絞っておく(POWER LEVELは小さい方が安全w)
3)VOLUMEとGAINを最大に上げる
  ・後でこの二つのレベルを調整すれば、歪みも変わる
   (MASTERがあるアンプではボリュームは音量とはちょっと違うよ)
4)MASTERとPOWER LEVELで部屋で使える音量を決める
  ・本来音量はMASTERです
  ・POWER LEVEL が小さいと、MASTERでの歪みも変化します
  ・この辺を適当に調整
   (MASTERで上げても歪みが変化しないくらいのPOWER LEVELね)
5)これで、ギターのボリュームを下げると音量は変わらずにクリーントーンになる
  ・弾きながらギターのボリュームでクリーンから歪みまで変えられる

後は好きな歪み(VOLUME,GAIN)に調整。トーン(TREBLE,MIDDLE,BASS)も同じ。
最終的には、歪みの好みはエフェクトで調整出来るのがこのアンプの面白さ。クリーントーンを最優先にアンプをセットしてエフェクトで歪ませるとまた違うしね。
アンプの出力を変えられるから、部屋でセットしておけば学校に持ち込んでPOWER LEVEL上げるだけで、そのまま使えたりもする。

アンプをVOX AC30に固定して上のセッティング。基本的にエフェクトはoff、これが標準だね。後は弾きたいイメージによってエフェクト。
テレキャスでも音が伸びて楽しい。そう、テレキャスね。^^v

あれこれ考えて脳内スペックオタクになってる暇があったら、気に入ったのとっとと買って弾きましょ。巧くなると益々楽しくなるよね。理屈じゃ巧くならないからね。本読んで一生懸命検討してもスキーは滑れない。滑れなけりゃ良い板の機能だってホントはわからない。
ホントに欲しい物は、そこから決断しても遅くない!

それにしてもアンプ、本当に安くなって嬉しい驚きだよ。



 ↓ VT20Xにモデルチェンジしました




PS:流石にギターはfujigenを買いました。それに合わせてセットも見直し。なぜfujigenか? へへへ。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access