York Höller の Piano Works

ドイツの現代音楽家ヨーク・ヘラー(York Höller, 1944/1/11 - )のピアノ曲集ですね。
晩年のB.A.ツィンマーマンに作曲を師事しています。その後シュトックハウゼンとブーレーズからの影響やダルムシュタットでの経験が生かされている様ですね。その時点である程度の推測が付くかもしれません。西ドイツ放送のエレクトリック音楽監督や自らが学んだケルン音楽大学の教授も勤めました。そこではカリツケ(Johannes Kalitzke)が学んでいます。現代音楽家の師弟関係も面白いですね。

このピアノワークス は ベッカー(Kristi Becker) と ピ・シェン(Chen Pi-hsien) の二人の女性の演奏になります。ツインピアノでありますが、初めて聴いたときの記憶では、その必然があまり感じられなかった気がしますね。ソロでも良いのかもしれないのかなと。調性は無いのですが、聴き易いのではないでしょうか。個人的にはもっと明確に前衛化、十二音技法が良いとは言いませんが、にする方がいいと思いました。
当初はそう思っていたのですが、この作品を聴く際に微妙に絡み合うピアノのL/Rの旋律を追いながら楽しむとまた違った感覚がありました。時折ゾクッとするようなコラボレーションが現れます。特にリズム感覚は聴き込む程に引き込まれる良さを感じます。

これまた現在入手が難しくなっているのが残念。現代音楽は早々に廃盤になってしまい復刻されない事が多いですね。

icon


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access