懐かしきcpuクロックアップ(笑)

古い写真から出て来たPentium3とCeleron時代のクロックアップ用のcpu冷却。
まずはPentium3 700MHz SL454。この石SL454は当りで1030MHzくらは走った。ただ、コア割りをしなければならないからcpuを壊す危険性があった。写真ではわからないけど、溶着セットしてあるので簡単には剥がせない。いろいろ調べたよなぁ。
常時使用マシーンに使っていたので900MHzくらまで落としていたと思う。電圧をどこまで上げたか、メモリーやM/Bは何だったか、細かい事は全部忘れたけどねぇ。電源も細工していた気がする。
penium3.jpg

もう一つ残っていた写真はceleron 566MHz SL3W7。これも大型冷却ファン取り付け。これはbox品だったと思う、上のPentium3はバルクだったかな? このSL3W7は有名? 電圧耐性も強くて1.8V以上は行けた。クロックも900くらいは通常に出た気がする。
celeron.jpg

思い出そうと思ってももう細かい事は思い出せない。ノートは引越し時に処分しちゃってあるし。
266MHzや300MHzの方がクロックアップは面白かった。superπ104万桁だけを計算する極端なクロックアップ専用マシンも作った。別電源でペルチェコントロールしcpu強冷、結露防止にM/Bの周辺回路部はシリコンでシールしたり、扇風機当てたり。今やただ懐かしいだけだなぁ。
ちなみにMacはG3時代からの登場で、併用だった。kokotonPAPAは今はMacだけになって久しいが。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access