Charlie Haden の The Art of the Song を聴く

このところJazz Bassを続けて紹介してるけど、これはkokotonPAPAも昔 良く聴いたチャーリー・ヘイデン。しかし、初めてスピーカーから出て来た音に驚いた。予備知識無しで掛けたので、まさかオーケストラにバラードとは!
だって、チャーリー・ヘイデンでしょ?! 曲の中で演奏されるベースも、何とも穏やか。リベレーション・ミュージック・オーケストラやカーラー・ブレイとのコラボのイメージを引きずっているkokotonPAPA的には、いつまでたってもこの流れに乗れないかも。そう言えば、キース・ジャレットと組んでJasmineなんてものやってたなぁ。そう言う穏やかな方向性なんだ、今は。
でも、シックなジャズボーカルのアルバムとしてはかなりの線じゃないの。えっ、ボーカルが誰か? なんとShirley Horn, Bill Henderson が入る。local vocal on "Wayfaring Stranger"と書いてあるくらいで、本人も唄ってるぞ。ヾ^^;
しかしkokotonPAPAは何と言われてもチャーリー・ヘイデンである事のギャップが埋められない古い人間だ。(笑)
美しいアルバムだと思うけどね。実際、ウィスキーを飲みながら時折かけたくなるかもしれない。でも主張するベースのソロをもう少し強く効かせるとかしてくれると安心するんだけど。何たってチャーリー・ヘイデンなのよ。


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access