FC2ブログ

佐藤 允彦 の All-In All-Out と As If

kokotonPAPAの好きな佐藤允彦、両方ともちょい古(All-In All-Out 1979年 , As If 1985年)の録音です。
All-In All-Out はNY録音でDave Liebman(Sax),Ryo Kawasaki(G),Harvey Mason(Ds),Randy Brecker,他との競演。As If は日本録音でEddie Gomez(B)とSteve Gadd(Ds)との競演。アコースティックのピアノトリオでとてもスタンダード。

All-In All-Out は思い入れが強いです。当時にsonyからレコードで出て、なんと野心的なフュージョン!と思って良くかけていました。当時はフュージョンと言うと何となくイージーな曲が多かったのですが、攻めのele-Pの迫力はこのレコードで覚えたと言っても良いかもしれません。その後CD化で買い直しましたが、今ではフュージョンなんて陳腐な区分ですがDave GrusinのMorning Danceがとても似ている事に今更ながら気が付いきましたね。
今でもiPodで通勤の時に聴いたりするわけですが、個々の曲の切れ味抜群。ジャケットも秀逸ですよね。


As If は Eddie Gomez が入っているくらいですから、と言う訳でもありませんが、Bill Evansに捧げられています。とてもジャズクラブっぽいピアノトリオです。野心的な部分は無いけどジャズピアノだなぁ、って感じかも。
ただ、Waltz for Debby で Gomez が弓を使って弾くピアノとのコラボがありますが、止めて欲しいですねぇ。安っぽいクラシックみたいに感じちゃいますw
ピアノトリオはリズムセクションな訳ですが、足腰のしっかりしたリズムはやっぱり凄いと言う事を実感出来ますね。


両方とも古いから入手が難しいですねぇ。それが一番の問題、きっと。



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう