佐藤 允彦 の All-In All-Out と As If

kokotonPAPAの好きな佐藤允彦、両方ともちょい古(All-In All-Out 1979年 , As If 1985年)の録音。
All-In All-Out はNY録音でDave Liebman(Sax),Ryo Kawasaki(G),Harvey Mason(Ds),Randy Brecker,他との競演。As If は日本録音でEddie Gomez(B)とSteve Gadd(Ds)との競演。アコースティックのピアノトリオでとてもスタンダード。

All-In All-Out は思い入れが強い。学生当時にsonyからレコードで出て、なんと野心的なフュージョンだ! と思って良くかけていた。当時はフュージョンと言うと何となくイージーな曲が多かった。攻めのele-Pの迫力はこのレコードで覚えたと言っても良いかもしれない。その後CDで買い直したが、今ではフュージョンなんて陳腐な区分だがDave GrusinのMorning Danceがとても似ている事に気が付いたね。
今でもiPodで通勤の時に聴いたりする。個々の曲の切れ味抜群。ジャケットも秀逸だよね。


As If は Eddie Gomez が入っているくらいだから、と言う訳でもないが、Bill Evansに捧げられた。とてもジャズクラブっぽいピアノトリオ。野心的な部分は無いがジャズピアノだなぁ、って感じ。
ただ、Waltz for Debby で Gomez が弓を使って弾くピアノとのコラボがあるが、止めて欲しいね。安っぽいクラシックみたいだよ。
全体としてはピアノトリオはリズムセクションな訳だけど、足腰のしっかりしたリズムはやっぱり凄いと言う事を実感出来る。


両方とも古いから入手が難しいよねぇ。それが一番の問題だな、きっと。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access