カティア・ブニアティシヴィリのピアノを聴く / デビューソロ Franz Liszt、クレーメルとの共演

◆ Gidon Kremer, Hymns and Prayers ,Kremerata Baltica

フランクのピアノ五重奏曲ですね。バイオリンのギドン・クレーメルだけでなくピアノのカティア・ブニアティシヴィリが大注目。曲も良いのですが、この二人の演ずる技巧と感性は素晴らしいですね。研ぎすまされた刃の様。ちなみにロッケンハウスでのクレメラータ・バルティカのライブになります。
カティア・ブニアティシヴィリはアルゲリッチの'09年のルガーノにも出ていますね。と言う事はクレーメルの秘蔵っ子、アルゲリッチ一派の新人ピアニストと言う事になるのでしょうか。アルゲリッチの様な男勝りの剛腕ではありませんが、クレーメルの技巧に立ち向かうだけの技量は凄い。3楽章終盤はクレーメルに襲いかかるがごとくのパワーを見せます。アルゲリッチの若かりし頃なのかな?!
個人的には最後の一曲、カンチェリのサイレント・プレイヤーズの幽玄な世界も見逃せません。これは侮れないアルバムですねぇ。

icon


◆ Tchaikovsky Piano Trios

これまたギドン・クレーメルとカティア・ブニアティシヴィリ。それにクレーメル配下の女性チェリスト、ギードゥレ・ディルヴァナウスカイテが入ります。素晴らしいトリオです。日本公演では残念ながら、ブニアティシヴィリは来日出来なかったのですが。
全体的に端正なチャイコのピアノ三重奏曲《偉大な芸術家の思い出》。その中にクレーメルはもちろん、ブニアティシヴィリの切れ味が冴えますね。この曲ではディルヴァナウスカイテがどうしてもクレーメルの背後に廻る様にやや控えめに聞こえます。それにしてもやはり技術がバックボーンの演奏と言うのは本当に素晴らしいですね。
そしてキーシンのThe Mirrorが入っているのも嬉しい限り。




◆Franz Liszt

そしてソロのデビューアルバム、ソニーから。リストを弾く、何と言ってもピアノ・ソナタ ロ短調 S 178でしょう。特に三楽章の入りのffなどは将に荒々しい。と言うよりも荒削りそのものです。若手ならではのリストを楽しめると思います。続くメフィスト・ワルツ第1番なんかも狂気を感じる演奏で素晴らしい。悲しみのゴンドラの端正な音の並び。要は好みななんですね、きっと。同年代のリーズ・ドゥ・ラ・サールも、リスト・イヤーでリストのソロ・ピアノを出していますが、これも楽しい。リストものは今年が買時かも。
おまけのDVDは見ていません。それにしてもこの悪趣味なアルバムジャケットは許して欲しいなぁ。



カティア・ブニアティシヴィリのこれからがとても楽しみですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access