お悔やみの青森行き

kokotonPAPA & kokotonMAMAにとって大切なお友達をいきなりの不幸が襲った。T.薫、享年62歳。
とにかく行く。理由など何も要らない。通夜と葬儀に出席させていただいた。通夜の夜は残された仲間で我々の為に”忍ぶ会”を準備して下さった。本当ならもっと色々な人達との話も有ったと思う。
T.薫さん
青森の旨い海鮮専門のお店でビールとお酒。その後、ラーメン屋さんまで行ってまたビールを飲んで餃子とラーメン。でも皆んな今日の葬儀の事があるので押さえて飲んだよ。思い出いっぱい、だよ。
風習が違うから列席から教えてもらわないとね。15mの幅いっぱいに祭壇。そして通夜の列席は350人はいただろうか。弔電も青森県知事、黒石市長、他、そうそうたるもの。でも、こちらではこのスケールが普通だとか。
通夜も”おつや”とか”つや”、じゃなくて”つうや”って司会の方が言っていた。そして良かったのは読経の後に説教が有った事。「T.薫さんの写真は、彼が実際に自分の目で見た物を映し出しているのです。」この言葉の素晴らしさ。そう、彼がその時に見た世界が表現されているのだ。彼が目にしたそのシーンを、僕は今共有している。感激した。
ご家族の皆さんからもご丁寧なご挨拶をいただき、最後に送らせていただいた手紙は棺に入れて下さったとの事。悲しくて、そして嬉しかった。
思い出が途切れる事無く沸き上がる。そして涙も。
ありがとう。本当にありがとう、T.薫さん。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access