Martha Argerich and Friends 最高です!

毎年発売されアルゲリッチ一派ですね。(笑) 彼女の取り巻きで演奏をしたルガーノ・フェスティバル 2010年のLive録音が今年も出ました。
老いて益々元気なアルゲリッチらしい生き生きとしたピアノと、例によって弦楽器との組合せや2ピアノを楽しめます。パーカッションユニットもあって、各演奏家の出来もいつもの様に上々。シュニトケのピアノ五重奏曲の様な現代音楽も取り上げられて曲の並びも楽しいのもお約束通りです。3枚組だけど、あっという間に感じます。

唯一のPiano Concert, ショパンのピアノ協奏曲1番も得意としているナンバーだけに迫真の演奏ですね。 Jacek KaspszykとOrchestra della Svizzera Italianaの演奏も秀逸です。

今回はアルゲリッチ仲間のマイスキーが入っていませんが、若手メンバーが渾身の演奏を見せるのもアルゲリッチの得意技。アルゲリッチはこういうユニットで演奏すると最高ですね。シビアな目つきで各演奏者の様子を見ながら進め、そして例によって迫力満点の力強いタッチ。
DVDでも楽しいでしょうね。日本にも毎年来て別府アルゲリッチ音楽祭の総監督をしていますし、震災復興CDも出しています。いつもながらの素晴らしさ、中にはもぅお腹いっぱい なんていう人もいるのは確かですが。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう