シベリウスの”ツルのいる風景” by Vallery Gergiev

先月のNHK、10/22(土) BSプレミアムで放送された「東日本震災支援プロジェクト~世界から日本へ・音楽のメッセージ~」で見た方もいらっしゃるかといますが、シェーンブルン宮殿の夏のコンサートの今年のライブ。
この中でゲルギエフは被災した日本のためにシベリウスの「ツルのいる風景」を演奏しました。オケはもちろんウィーンフィル。演奏後静かに黙祷をし、この曲の後には拍手はありません。
ジャケットには折り紙のツルが描かれて、曲の原題はScene with Cranes。シベリウスらしい流れる様な優しい曲。TVでもゲルギエフが被災地への悔やみの言葉を述べていましたが、日本とロシアいるツルを希望の象徴ととらえたと言います。大観衆の中で静かに流れる中にゲルギエフの優しさを感じましたね。ゲルギエフらしい見た目のイメージと違った?繊細なコンダクトは素晴らしかったです。このアルバムの前半3曲の緊張感と完成度の高さはまさにゲルギエフの演奏だった気がします。
CD含めそれほど話題にならなかったのは寂しい限りです。

そう言えば、被災地支援のNHKの番組の中でもう一人楽しませてくれた人物がいました。現BPOのコンサート・マスターである樫本大進さんですね。世界トップのBPOのメンバーで弦楽四重奏を演奏していたのですが、素晴らしいですね。来年3月に日本で公演予定があるので楽しみです。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう