アンネ=ゾフィー・ムターの「リーム:ライト・ゲーム、カリアー:タイム・マシン」を聴く

「アンネ=ゾフィー・ムター / リーム:ライト・ゲーム、カリアー:タイム・マシン」

人気女性バイオリニストの最近の現代音楽アルバム。近年、実力者が現代音楽を演奏してくれるのは嬉しいですね。
今回はヴォルフガング・リームの「ライト・ゲーム」とセバスチャン・カリアー「タイム・マシン」を中心にムターのヴァイオリンとニューヨーク・フィルです。と言ってもバイオリンのソロが全面的に押し出された作品で、ペンデレツキのコントラバス・デュオも挟んで、ロマン・パトコロとのデュオも楽しめます。
リームは電子音等は一切使わないですね。もちろん無調ですが、流れる様な旋律に心地よさがあります。一方カリアーのタイム・マシンは緩急を付けながらNYPOと実にマッチしています。特に最終7番のハーモニック・タイムはコンチェルト風で楽しめます。ギルバートのコンダクトも実に合っている感じです。
ムターはベルクやバルトークなど現代音楽のアルバムも残していますね。リームの「ライト・ゲーム」はムターが世界初演らしいですし、同じくムターが本年世界初演したカリアーの「タイム・マシン」になります。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう