デジタル時代のオーディオのキモ、DACって?

DAC、デジタル・アナログ・コンバーターの事だよね。
デジタル信号をアナログ化してアンプに渡す機能だよ。だからCDプレイヤーとかには既に内蔵されている。それでアンプに繋いで音が出る訳ね。アナログのレコード時代には縁のない代物。
プレイヤー部分だけでデジタル信号を出すならCDトランスポートと言って、単体のDACが無ければデジタルのままなのでアンプでは再生出来ない事になるよね。

そこで問題なのはPCオーディオ。デジタルの権化だからね。かつてはサウンドボードでアナログにしていた。でも、ノイズだらけのPCの中でやってもろくな音にならないのはすぐにわかるよね。
ならばPC(Mac)のHDD音源とオーディオ再生ソフトがあればデジタル信号のままでUSB等から単体DAC(USB-DAC)へ出せば良いわけだよね。でもそう簡単には行かない。問題になるのはOS。PCのデータはOSのカーネル、コアな部分でLinuxなんかやっていると馴染みが深い、を経由する事になる。要は、いらない回路を通る事で音質が劣化する....のだ。(笑)
そこで、DDCなるもので強制的にカーネルをパスさせる。本来DDC(デジタル・デジタル・コンバーター)はUSBのデジタル信号をオーディオ用の同軸デジタルに変換するもの。でも、その際にドライバーでカーネルを回避する事も出来る。
PC(Mac)→DDC→DACと言う経路。そうする事で要らない回路を回避するんだ。でもMacの音楽再生ソフトのAudirvanaとかには回路をソフトで回避するintagerなる機能を持っているヤツがある。でもDDCによってはその機能が動作しない。
整数比だからCDの規格である44.1MHzの整数倍じゃないとダメなのかな? わかんないけど。でもハード的にDDCで回避してるんだから、intagerに特別な音質向上機能が無ければ関係ないね。

kokotonPAPAのDDCはHifacePro、DACはSoulNoteのdc1.0。キーになるDACは一つ旧モデルになるけど、メリハリから行けば同社の2.0よりいいかも。
違うとすれば、44.1MHz専用である事。人気のアップサンプリングには対応していない訳だ。でもね、96KHzのハイレゾや48KMzのDVD-Aにはまだまだ音源が無い! だったら元が44.1なのにアップサンプリングしても大した効果無し、と言うのがkokotonPAPA的なDACイメージ。
それに、神経質なクロック(KHz)は正確には外部クロックからのコントロールに対応にしなければならない。だけど業務用ならともかくまだまだ高嶺の花。要はミキシング等々の作業がメインのプロ仕様。

要するにPCオーディオは将に進化の最中。DACの変遷も著しい。この5年でどう変化するかとっても見物。
ちなみに、kokotonPAPAのセットでもスピーカー以外ではDACに一番コストをかけている。と言ってもたかが知れてるけど。(笑)

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access