オペラ:タンホイザー

ディアゴスティーニのオペラシリーズには助けられる。メトのレヴァイン指揮、シェンク演出のタンホイザー。
そんなに期待していなかった。だけど、最後の救済シーンに向けての盛り上がりは最高だ。終幕後の紙吹雪もそれを物語る。
途中まではそれほどでもない、タンホイザー役のRichard Cassillyも声は通るが まぁこんなもんかな的。素晴らしいのはやはりEva Marton。kokotonPAPAはマルトンのファンだからね。そのマルトン演じるエリーザベトが天に召され、タンホイザーを救済する事になるのだが、実に良い。
ちなみにパリ改訂盤なので、第1幕前奏にバレーが入る。本来バレー演出は好きでないが、この演出はバッチリだった。例によって神とキリスト教の狭間を見せるのはワーグナーらしい。
オペラを見たいけど....な人はこれから見始めるのも良いかもしれない。
ディアゴスティーニ タンホイザー

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう