9/29(木) バイエルン国立歌劇場:オペラ「ローエングリン」 ★

この秋は9月/10月/11月と3回のコンサート予定。その第一弾は大本命だったバイエルン歌劇場のオペラ、ワーグナーの「ローエングリン」(NHKホール)だ。とにかく高い切符をkokotonMAMAがOKしてくれて、大好きな演目をバイエルンで見られた。

一言で言えば、初日のコメントの心配は無かった。オケも合唱も破綻なく、
カウフマンに代わりローエングリンを勤めるヘルデンテノールの一人 ヨハン・ボータ、それとオルトルートのワルトラウト・マイヤーは良かった。巨体のローエングリンは見た目には辛いが歌唱は流石でテノールが響き渡った。
エルザのエミリー・マギーは、美しいソプラノでエルザらしい。テルラムントのアフゲニー・ニキーチンは流石、演出上で悪役ぶりをもっと徹底してほしかったかな。重鎮ハインリヒ王役はクリシティン・ジークムントソン。どっしりとしたバスの方が舞台が締まったかもしれない。この歌劇でポイントの伝令、マーティン・ガントナーも変わった演出にも関わらず期待に応えたね。
中でも最高だったのは、とにかくオルトルートのワルトラウト・マイヤーだ。悪役らしい演技、そしてメゾソプラノ声の伸びはすばらしかった。今回の舞台では最高の出来で堪能させてくれた。

バイエルン歌劇場音楽監督ケント・ナガノとオケ及び合唱団は、重箱の隅をつつけば管楽器が割れたりはしたかもしれないし、三幕前奏曲の解釈は好みでないが、気をてらわないスタンスは舞台を引き立てた。

ただ、リチャード・ジョーンズの演出には疑問。好き嫌いがでるだろう。kokotonPAPAは二度と見るつもりはない。ブロードウェイでミュージカルの演出で十分じゃないのか?
本来ローエングリンは白鳥の騎士で聖盃を守る騎士。それが現代風の中に閉じ込められると言う設定はどうだろうか。ならば背景・大道具をもっと極端な抽象性を持たせるとかしないと、夢の騎士の登場へもって行くのが辛い。バイロイトのネズミの国と同様に残念な感じ。解釈はどうであれ騎士が家を建てるというのは個人的には理解の範疇を超える。歌詞と曲は変えようないんだから。
とどめは第三幕前奏曲で人をうろつかせたり、締まりのないエンディング。盛り上がりのはずの最後でずっこけた。

出演拒否は大本命のヨナス・カウフマンだけでなく400名のメンバーの内100人が放射能を理由に日本公演行きを拒否という異常事態(?)の中での公演だった。

ともあれ、なによりもワーグナーのオペラと言えばやはりドイツ。その代表格の一つであるバイエルン歌劇場の公演と言うだけでも嬉しい事に違いは無い。こうやってコメントできるのも何より。来てくれて嬉しかった。

因みにヨハン ポーターと幕間にすれ違ったが、短足超巨漢。見た目は白鳥の騎士と言うよりもドラエモンローエングリン。何キロだろう。

[NHKホール]
ローエングリンNHK
[幕間風景]
ローエングリンNHKホールの幕間

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access