クラシックのCDは全集がお得だよ

クラシックは最新版と言うよりも旧盤が圧倒的だから他のジャンルに較べると安く手に入る。デジタルマスタリングのSACDシングルレイヤとか特殊なもの以外はね。
その中でも全集、セットものは超お得な事が多々ある。右のテンシュテット14CDはEMIのセットで作曲者のバリエーションも楽しめて2,700円ほど。ブルックナー『ロマンティック』、シューベルト『グレート』は楽しい。テンシュテットと言えばロンドンPOとのマーラーだけど、それは別にセットになっている。
右はLISZT生誕200年を記念したユニバーサルの34CDセット。DGとDECCA、PHILIPSと言ったメジャーレーベルを揃えながらマイナーなレーベルにまで及ぶ。リストファンとしたらたまらない。リストと言えば、ベルマンによるメロディア盤の超絶技巧練習曲にとどめを刺すが、当然入っていない。おまけに持っているCDともバッティングする。しかし、これで7,000円もしない!  これを逃す理由が見当たらないでしょ。
他にもDGとかEMIやBBC等の50枚から200枚を超えるセットもある。この手のセットはマイナー盤や廃盤なども入っていて聴くアルバムを選ぶ楽しみも倍増というものだ。
いやいや良い時代になった。
DC-box-set.jpg

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access