fc2ブログ

イェスパー・ノルディン(Jesper Nordin)の『Vicinities』超多様性現代音楽


Vicinities
(Jesper Nordin, b. 1971)
先日 "Emerging from Currents and Waves" をインプレした今注目のスウェーデンの現代音楽家J.ノルディンの新譜です。近年作品が取り上げられる機会が多いので少し聴いてみようかと。

前回の印象はインスタレーションではありましたが前衛音楽ではなく今の時代のクラシック音楽で "心地良い統一主題を排除 | 全体は幽幻で反復変奏 | 静烈のコントラスト付け" の構成でした。ところが……

今回は室内楽から管弦楽までの3曲で、エレクトロニクス(2. 3.)が用いられているのがポイントでしょうか。そして今回も演奏陣は豪華です。
1.がダニエル・ハーディング指揮(音楽監督)スウェーデン放送交響楽団で、ファゴットがフレドリク・エクダール(Fredrik Ekdahl)。2.がディオティマ弦楽四重奏団、3.がアンサンブル・アンテルコンタンポランです。







1. Vicinities (2011)
1. In the Vicinity of The Open Sky - 2. In the Vicinity of Intimacy - 3. In the Vicinity of Noise

3パートの楽曲です。1.は中東和声風のfgが迷走する様な旋律を奏で、その背景オケがノルディンらしい鎮んだ中に煮詰まった濃い音色を付けてきます。調性とモードの混用的印象です。
2.は緩徐パートで、fgとオケの楽器のdialogueの流れになります。ホモフォニーですが旋律は対位的にもなり、微妙な調性感も表れますね。また静の中の強音炸裂(トリオ?)がここでもあって作風がわかります。三部形式を使うのも特徴ですね。
3.では幽幻さと反復変奏、強弱出し入れが強まってきます。反復の背景にロングトーンが絡んでくるのも前回も感じたノルディンらしさですね。パーカッションのリズムがアフリカの民族音楽風で面白いです。


2. The View from Within (2016)
導入部はクレシェンドの弦楽ノイズ、特殊奏法かは微妙でエレクトロニクスが絡んでいるかもしれません。ボリュームが上がると無調の激しいトレモロのボウイングが絡んで来ます。目新しさはありませんが何と完全な無調混沌の前衛実験的です。
ここでもトリオがあって調性感を残したvnの旋律がホモフォニーとモノフォニーで絡んでいますね。そこから激しいトリル・トレモロになって主部が回帰します。ハムノイズ風の音はエレクトロニクスでしょうか?!


3. Sculpting the Air - Gestural Exformation (2015)
まずトゥッティから入り静の中に潜り込み、静を引っ張って打楽器連打に強音反復が瞬間的に表れます。流れは激しい即興の無調混沌になってフリージャズの様相を呈します。よく聴くとその中に反復変奏が多用されているのもわかりますね。
そしてここでもトリオがあってエレクトロニクスと思われるノイズがゆっくりと登場。アンサンブルもノイズに変化して対応して、落ち着くとメランコリックな中華和声のモード緩徐パートに。
緩やかに機能和声に変化してスロー静の美しい反復動機になって静空間に終結します。驚くほど多岐に渡る技巧が散りばめられていますね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



大きく印象が変わりますね。"無調 - モード - 調性"を駆使する超多様性現代音楽です。それだけでなく技法的にも前衛までも網羅して来ます。

全方位あってかなり混乱しそうではありますが、それを全て見せる"3. Sculpting the Air - Gestural Exformation"は注目です。これはオススメのアルバムで、この先のノルディンが楽しみですね。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます