ギュンター・ヴァント LIVE IN JAPAN 2000 の DVDで観るブルックナー交響曲第9番

日本では伝説化した感もあるこの演奏。手兵であるNDR-SOを引き連れてヴァント88歳の公演! もちろんCDは持っていたのですが、何の風の吹き回しか ふとDVDをポチッとしちゃいました。
個人的に昔はBruckner好きで、その中でも5番9番好きでしたね。それは指揮者ヴァントによるのかも。となれば持っていても良いかなと。


手を引いてもらわないとならない高齢のヴァント。指揮台にあがると表情が一変、凄いですよね。管楽器のソロパートの仕舞をかなり気にして指揮しているのも良くわかります。一楽章の初めで、音が小さいのであげる様に指示して音がそれに着いて来ていましたね。第二楽章のスケルツォ3/4拍子では、リズムに合わせる様に身体を踊らせるヴァントの姿が。そんな臨場感はDVDならではですね。第一楽章は思わず鳥肌が立ちました。やっぱりブル9はこの演奏が最高か....も。
しかし、第三楽章の展開部からコーダはやはり間伸びを避けられない感じがしてしまいます、個人的にですが。その辺でちょっと興奮から客観的になりますね。ヴァントのブルックナーは最高である事に変わりはありませんが、これがブル9で一番かと言われるとやはり即答できないかも。それよりも晩年に名演を叩き出して行ったヴァントの素晴らしさを見られる事の嬉しさですね!

ちなみに2曲の演奏なのでもう一曲、シューベルトの未完成が入っています。ブル9は3楽章までの未完成。要は未完成のセットです。シューベルトは9番は好きでしたが、8番[未完成]はあまり聴かなかったですねぇ。今度また聴いてみましょう、ヴァントですから。(シューベルトの交響曲No.の話には触れるつもりありません、悪しからず)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう