fc2ブログ

室内楽版『マーラー 交響曲 第5番』クラウス・ジモン(Klaus Simon)編曲



ホルスト=シンフォニエッタ Holst-Sinfonietta
(クラウス・ジモン編曲, Klaus Simon 1968/4/19 - )
K.ジモンはドイツの音楽家で、ピアノをコンタルスキーに、指揮をH.ツェンダーとJ.カリツケに学んでいます。こう聞いただけで前衛色を強く感じますね。
ジモン編曲マーラー交響曲室内楽版は、第1番・第4番・第9番、がありますが聴いていません。今回は少し変わった"Bastille Musique"レーベルから第5番が出たので聴く事にしました。
演奏はジモン創設の"ホルスト=シンフォニエッタ"です。(編成は、#1vn, #2vn, va, vc, cb, fl, ob, cl, b-cl, fg, #1hr, #2hr, tp, #1perc, #2perc, hp, pf, acc, の18人です)

Mahler5-KlausSimon.jpg


ちなみに室内楽版マーラー5はナタリア・アンサンブル版も存在します。("マーラー聴き比べ #12"にインプレ済みです)




マーラー 交響曲 第5番 [室内楽版]



第一部
ファンファーレは意外や音圧を出して、葬送行進曲は超スローで雰囲気を作ります。第一トリオは落ち着いた切れ味、第二トリオの哀愁はスローで葬送の延長的印象です。
第二楽章第一主題は速くシャープでオケのイメージに近いです。第二主題はvc?の中低音を生かして哀愁を聴かせます。展開部もオケ版に近い"烈→暗→明"のコントラストを醸して、再現部にも違和感は少なく、通常のオケ版に近い音で驚きですね。

第二部
スケルツォ主題はhrの使い方もオケに近い印象を作り、レントラー主題は楽器数を減らしてスローに、上手いですね。第三主題は金管がオケそのもの、弦楽パートも上手く管楽器を加えて処理します。展開部から再現部もオケ版らしさを聴かせますが、コーダはやや薄くなってしまいました。主旋律と従旋律、特に従旋律を上手くアレンジしてオケに近づけている感じですね。

第三部
第四楽章はやっぱりハープ五重奏、アダージェットはこうなるのが自然でしょうが面白さはありませんね。
第五楽章は弦楽の第二主題に厚み不足を感じ、展開部は終始スローが気になります。再現部冒頭三主題は当然ピッタリ、山場からコーダは18人で頑張った感じですね。フィニッシュ編曲も見事にまとめました。



室内楽らしさを生かす編曲ではなく、18人でフルオケ並みに聴かせる方向性ですね。スカスカしてしまう音圧不足は、打楽器と低音の鳴らし方で上手く対処して18人とは思えません。アンサンブル・オーケストラ金沢さん辺りがやったら面白そう?!

ただ室内楽らしいマーラー5を聴いてみたい気持ちも残ったかもしれません。見事だったのですが、これなら普通にオケ版を聴けばいいか? などとも思ってしまいました。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます